色彩

スポンサーリンク
色彩

五輪マークの色

4年に1度の祭典、オリンピックのシンボルマークの色について。 視点を加えて色彩学的なことも少し書いています。
色彩

なないろの虹の日

7月16日は、なないろの日。色にまつわる記念日なので、制定された理由などを書いてみました。
色彩

五色幕の色の意味

寺院などでよく見かける「五色幕」。それぞれの色の意味を書いています。
色彩

伊勢物語と多摩川 武蔵野 紫草さんぽ~後編~

こんにちは、カラープランナーの かわべ みえ です。 ちょっと間が空いてしまいましたが、前回の記事 武蔵野 紫草さんぽ~前編~の続きです。 紫とゆかり 紫と書いて「ゆかり」と読むの、 当たり前のように使っていますが、...
色彩

武蔵野 紫草さんぽ~前編~

武蔵野・紫草さんぽ。地名と染色などの由来について前・後編で書いています。
色彩

高齢化社会を「色」から考える

加速する高齢化社会について、色の視点から考えてみました。 色にできること。色ができること。たくさんあると思います。 暮らしやすい社会のために、色ができることを考えていきたいと思っています。
色彩

天然染め~薬にならない植物はなく、染料にならない植物はない2~

便利な化学染料におされ、天然染料は影をひそめ、意識して繋いでいかなければ失われてしまう恐れがあります。ただ、化学染料にはない良さもたくさんあります。特に日本の草木染は、身体にいいとされる植物で染められています。今回は青系~黒系までの天然染料について書いています。
色彩

天然染め~薬にならない植物はなく、染料にならない植物はない~

植物のチカラは本当に素晴らしいです。天然の染料で染めたものは身体にもいいと言われます。アレルギーやアトピーなどで困っている方が多いので、食べものに気をつかうように、染料にも気を使えるような世の中になるといいなと思います。是非、天然染めの世界を書いてみました。最初は赤系の色からご紹介します。
和の色名

和の色名~はじまりの色~

和の色名のご紹介。古代、色は4色ではじまりました。真っ暗闇のクロから、だんだんアオの世界になり、そしてアカるくなり、陽が昇りきるとシロの世界になる。1日を表す言葉だったのです。そんな風に色は生活に密着しているもの、生活の一部でした。
色彩

かさねの色め~平安時代の色~

日本で一番色彩が豊かだった平安時代。かさねの色めについて書いています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました