和の色名 秋の色~神無月・金木犀香るころ~

sunset 和の色名
スポンサーリンク

こんにちは、カラープランナーの かわべ みえ です。

そろそろ金木犀の馥郁たる香りがそよいでくるころですね。
金木犀好きとしては堪らない季節。
あの甘い香りは何とも言えず香しいですね。

今回は10月・神無月にちなんだ和の色名をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

秋の日は釣瓶落とし

黄昏とは日没直後の夕焼けのこと。
「誰そ彼(たそかれ)」、
暗くて見えないけれど、あなたは誰?
という意味。

秋は湿度が低く、空気が澄んでいるので
夕焼けが殊の外美しい季節です。

赤トンボもよく見かける季節です。

トンボの古名は「秋津」。
古くは日本は「秋津州(あきつしま)」と呼ばれていました。
トンボがたくさん飛び、黄金色の稲が実る豊かな国、という意味。

日本書紀にある神武天皇が発した言葉から、
秋津州と呼ばれるようになったそうです。

茜色(あかねいろ)

纁(そひ)

この二色についてはコチラで書いています。
よければご覧くださいね。

maaka

真赤(まあか)

まっか、と呼んでしまいそうになりますが、「まあか」です。
真に赤い色。
その名の通り、鮮やかな赤です。

hisameiro

緋褪色(ひさめいろ)

鮮やかな緋色を薄めた色。

葡萄色が海老色に

かつては「葡萄色」と書いて「えびいろ」と呼んでいました。
葡萄が日本に入ってきたのは、奈良時代の頃と言われ、
それ以前の日本には「葡萄葛(えびかずら)」というヤマブドウがありました。

色としては、奈良時代には「深(こき)」、「浅(あさき)」の
2種類の葡萄色がありました。

葡萄色(えびいろ)

コチラでご紹介しています。
よければご覧くださいね。

その後平安時代中期に編纂された「延喜式」には
葡萄色は「浅葡萄」の淡い紫が見本色として掲載されています。

そして江戸時代に入り、「海老」と混同され、赤みの紫となったようです。

また、葡萄色(えびいろは)、「ぶどういろ」と呼ばれるようになり、
江戸時代中期に「海老色(えびいろ)」と「葡萄色(ぶどういろ)」に
分かれました。

budoumurasaki

葡萄紫(ぶどうむらさき)

葡萄の実の色。

budounezu1

budounezu2

葡萄鼠(ぶどうねず)

えびねず、とも呼ばれる色。
色相は赤みの紫から青みの紫まで、と幅広くあります。

紫みの葡萄鼠は「貴族鼠」や「源氏鼠」とほぼ同じ色を指し、
青みの紫は「桔梗鼠」とも呼ばれます。

似たような色がいかに多いか。。。
やっぱり紫は人気があるので色数が多いです。

ebiiro

海老色(えびいろ)

伊勢エビの殻のような深い赤。

ebiaka

海老赤(えびあか)

茹でた伊勢エビの殻の色です。

beniebicya

紅海老茶(べにえびちゃ)

「海老色」に「茶」と「紅」をあわせた色名。
色名が生まれたのは明治時代になってからです。

和の色名

コチラの記事でも紹介していますが、お月様の美しい季節でもあります。

usukihada

淡黄蘗(うすきはだ)

黄蘗染めの明るい淡い黄色です。

明るいのに儚げはかなげな雰囲気のある淡黄蘗は、
暗い水平線から顔を出したばかりの月の色のように例えられます。

tankousyoku

淡黄色(たんこうしょく)

優しい雰囲気の黄色。
単に淡黄と呼ばれることもあります。

aokou

青香(あおこう)

平安時代からの色名で、「栄花(華)物語」にも記されています。

sogairo

承和色(そがいろ)

平安時代初期に在位した仁明天皇が好んだという黄色の菊の花の色です。
「承和(じょうわ)」という元号から承和色(そがいろ)と名付けられています。

じょうわが訛って、そがになったという説があり、
私としては「そんな訛り方する?」と思うのですが、どうでしょう?

remonniro

檸檬色(れもんいろ)

レモンの表皮のようなやや青みがかった、爽やかな黄色です。

murasakishikibu

紫式部(むらさきしきぶ)

秋が深まり、実が熟すと美しい紫色になる、
紫式部の実の色です。

源氏物語の作者にたとえて名付けられました。

rindouiro

竜胆色(りんどういろ)

秋を代表する竜胆の花のような色。
竜胆の根はとても苦く、熊の胆(くまのい)よりも苦いので、
竜の胆のようだととなり、竜胆と呼ばれるようになったそうです。

紫苑色(しおんいろ)

コチラでご紹介しています。
よければご覧くださいね。

秋が深まるころ、どことなく切なく寂しい感じのする夕暮れが印象的で、
もっとも色が深みを増す季節だと感じています。
今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました