和の色名~はじまりの色~

akatuki 和の色名
スポンサーリンク

こんにちは、カラープランナーの かわべ みえ です。

ご紹介しています「和の色名」。
今日は、はじまりの色や古代に使われていた色について書いてみたいと思います。

色をつかいはじめた人たちはどのような想いでいたのでしょうか?

スポンサーリンク

玄から素へ(クロからシロへ)

古代、色は4色ではじまりました。

クラ(クロ)
アヲ(アオ)
アケ(アカ)
シル(シロ)

真っ暗闇のクロから、
だんだんアオの世界になり、
そしてアカるくなり、
陽が昇りきるとシロの世界になる。

1日を表す言葉だったのです。

諸説ありますが、古代の日本では、

暗(クラ)- 明(アケ)
顕(シル)- 漠(アヲ)

が対の言葉でした。

はっきりと顕れるシル・シロ(顕著とか言いますよね)の状態と、

はっきりしない漠然とした状態を表すアヲ、が
対になっています。

現在だと、白と黒が対に感じるところなので、
興味深いところです。

はっきりとしない様を古代の人は「アヲ」と呼んだようです。

一説には白と黒の間のはっきりしない色を
表すのが「アヲ」だった、とも。

グレーのような存在だったのかもしれません。

このように、太古の昔から、
色は生活に密着しているもの。

と言うか、生活の一部なのです。

余談ですが、「玄人」と「素人」という言葉も
この色の言葉からきています。

祈りの色

縄文時代や弥生時代、人が色を使い始めた当初、
装飾が目的ではありませんでした。

世界的に共通した目的が
大きく2つあると言われています。

それがこの2つ。

・祈りの色、魔よけとして
・識別するため

まず1つ目の「祈りの色、魔よけ」としてですが、
病気や敵から身を守るための祈りをこめて使われたと言われています。

もう一つの理由が「識別」するため。
戦いなどで仲間を見分けたり、
支配階級などの身分を示す場合もあったようです。

今日は古い色を紹介していきますね。

shinsya

辰砂(しんしゃ)

「辰で採れた朱」という意味の色名。
中国の辰州で採れる良質な朱色の原料となる朱砂を使った朱色です。

entanniro

鉛丹色(えんたんいろ)

鉄骨の錆び止め塗料の色で、卑弥呼の使者が魏の国から持ち帰った
リストの中にある色とのこと。

soo

赭(そお)

古代、赤土を焼いた赤色の顔料を赭や朱と呼んでいました。
(因みに「そお」や「しゃ」で変換すると出てくる字です。)

benngarairo

弁柄色(べんがらいろ)

インドのベンガル地方に由来している色名。
弥生式土器にもみられる最古の赤色顔料です。

古墳時代までの色

日本最古の歴史書である古事記や日本書紀に記されている
色名はとても少なく、6色となっています。

・白
・黒
・紅
・赤
・丹
・青

古代の人の色に対する感覚は、とても素朴なものでした。

着色方法も「染める」というよりも、植物の汁などをこすりつける
丹摺(にずり)、青摺(あおずり)とよばれるもので、
水に濡れると流れ落ちてしまうものでした。

白は加工されていない素の布を表し、
青は草の汁の緑色だったと推定されています。

また、言葉の上では、青と緑の区別はありませんでした。

hani

埴(はに)

古代の赤色顔料。
埴生(はにゅう)、丹(に)、
丹土(にど)などともよばれます。
埴生は埴のとれる土地や土のことをさします。

shiroiro

素色(しろいろ)

「素」はありのまま、という意味。
天然のままの絹の色です。

aokusa

青草(あおくさ・せいそう)

青草の色の青草摺り、青摺りは平安時代には
山藍の葉や青草で白絹や紙に花鳥文様を摺りました。

いかがでしたでしょうか?
ちょっとタイムトラベルできましたでしょうか?(笑)

人が色をつかいはじめたころは身の回りにあるものを、
生活の中で暮らしに役立てていました。

もしかすると、色の力をたくさん知って使っていたのも、
古代の人の方が今の人よりも多いかもしれませんね。

最後までお読みくださりありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました