和の色名~薫風そよぐころ~

lanikai 和の色名
スポンサーリンク

こんにちは、カラープランナーの かわべ みえ です。

清々しい5月に入りました。
心地よいお天気の季節。
個人的に1年の中で、1番好きな時期です。

乾いた風がそよそよと吹き、
なんとも言えない幸せを感じます。

四季を通して、自然の豊かさを感じられる。
そして、その中でたくさんの色を作ってきた
日本人の感性の素晴らしさを思います。

今日は5月、この時期らしい和の色名を
ご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

牡丹華(ぼたんはなさく)美しき頃

百花の王と言われる華やかな牡丹の咲く頃。
牡丹は富貴草(ふきそう)、百花王(ひゃっかおう)、
天香国色(てんこうこくしょく)など、
数々の褒めたたえる美しい別名を持っています。

また「牡丹に唐獅子」という言葉がありますが、
獅子は牡丹の花の下で安心して休む、ことから
「安住の地」を表しているとのこと。

botaniro

牡丹色(ぼたんいろ)

中国から日本に奈良時代に入ってきた
牡丹の花からとられた色名で、紫がかった赤です。

襲の色目としては平安時代末期よりありますが、
明治時代以降に化学染料が普及し、色名として定着しました。

botannezu

牡丹鼠(ぼたんねず)

牡丹色に鼠色を重ねた色です。

農業の吉日 八十八夜

立春から八十八日目の夏も近づく日。
若々しい緑色の新茶を摘み始める日でもあります。
八十八夜に摘んだ茶葉は、長寿の薬ともいわれています。

また、米という字は八と十と八を重ねていることから、
縁起のいい農業の吉日とされ、かつては種蒔きの
大事な目安となっていたともいいます。

鯉のぼりは関東の文化だった 端午の節句

丹後の節句は元々、中国の風習が日本に入ってきたもので、
平安時代は、臣下が髪に菖蒲を飾り、天皇に菖蒲を献上し、
天皇から薬玉(くすだま)を賜り、邪気を祓うという行事でした。

このころは男女問わず、大人も子供も楽しむお祭りでしたが、
武士の力が強くなる鎌倉時代に入り、男子の節句となりました。

兜を飾るようになったのは、武家社会の習わしから。

そして、鯉のぼりは江戸時代以降の関東地方の風習で、
当時の関西にはない風習でした。

色も真鯉(黒)だけだったのが、緋鯉(赤)、
子鯉(青)の順に加わったそうです。

また、中国では健康を願って菖蒲酒を飲みますが、
日本では菖蒲湯になっており、菖蒲の葉の香りと
茎が保温効果や血行促進に繋がります。

柏餅を食べるのは日本の風習で、柏は新芽が出るまで葉が
落ちないことから、家系が絶えない子孫繁栄の縁起物とされました。

和の色名

季節を感じる和の色名。

春から初夏にかけての美しい時期に
ちなんだ色名をご紹介したいと思います。

yamabukiiro

山吹色(やまぶきいろ)

春の終わりを告げる山吹の花からつけられた色名です。
鮮やかな赤みの黄色。

花そのものは万葉の時代から親しまれていましたが、
色名は平安時代に誕生し、伝統色では珍しい黄色の花の名前です。

山の中で風に揺れている様から「山振り(やまぶり)」が
由来だとも言われています。

「源氏物語 若紫の帖」で光源氏が初めて
(紫の上となる)少女と出会うシーンは

中に十ばかりにやあらむと見えて、
白き衣、山吹などのなえたる着て、
走り来たる女子

と、山吹色の汗衫(かざみ)を着た少女を描いています。

tensyoku

天色(てんしょく)
晴天の澄んだ空の色です。

sorairo1

sorairo2

空色(そらいろ)
晴れた日の空のような明るく薄い青で、
平安時代から使われている古い色名ですが当時の色は不明です。

江戸時代後期の書物に、「花色より薄く、浅葱よりも濃い」と
記されています。

また、空天色(くうてんしょく)、碧天(へきてん)という
美しい別名があります。

misorairo

み空色(みそらいろ)
み空の「み(御)」は尊いものの美称です。

konpeki

紺碧(こんぺき)
空や海の深く透明感のある美しい青です。

benikakesorairo

紅掛空色(べにかけそらいろ)
明るい青空の空色に紅色を重ねた色です。

今日は5月らしい和の色名をご紹介しました。

清々しい季節の中、お散歩したりする中で
色を感じていただけたらいいなと思います。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました