和の色名~最も色彩豊かだった時代2~

和の色名
スポンサーリンク

こんにちは、カラープランナーの かわべ みえ です。

4月も中旬に入り、春の麗らかなお天気の中、
ゆっくりお散歩したくなりますね。

今日は前回の記事の続きです。

スポンサーリンク

もののあはれ

平安王朝文学のキーワード「もののあはれ」。
これは本居宣長が江戸時代に初めて唱えた美意識の概念で、
「源氏物語」が最高傑作としています。

花が咲いたこと、風の吹く様、音楽や恋など、
すべてのことにおいてしみじみと感じ、味わう。

日本人の原点が「もののあはれ」だと本居宣長は言っています。

hisoku

秘色(ひそく)

淡い青緑色で、青磁の中でも最高級品の色とされています。
「源氏物語」では、かつて華やかだった時代を
象徴する色として使われています。

hanazome

花染(はなぞめ)

露草や桜などの花の汁で染めた色。
花汁や色土を布にこすりつけて染めたため変色しやすく、
移ろいやすいことのたとえとして使われました。

「源氏物語」では、一度染まった恋心もすぐに色褪せる
心変わりを象徴しる色として使われています。

fukakiaiiro

深藍色(ふかきあいいろ)

藍と黄蘗を染め重ねた色。
藍染の藍色とは異なる色です。

nakanoaiiro

中藍色(なかのあいいろ)

深藍色より一段浅いとされる色です。

asakiaiiro

浅藍色(あさきあいいろ)

藍色が浅いとは色みが黄色に近づいたことを示し、
薄いや明るいとは異なります。

fukakikeshimurasaki

深滅紫(ふかきけしむらさき)

高貴な位を表す伝統色。

asakikeshimurasaki

浅滅紫(あさきけしむらさき)

地味な色ですが、紫色の範囲なので上位の色。
穏やかさと華やかさを併せ持った色です。

nakanohanada

中縹(なかのはなだ)

藍だけで染めた質素で落ち着いた色。

tsuginohanada

次縹(つぎのはなだ)

「延喜式」に定められた4段階の縹色の一つ。
中縹より明るく、浅縹より濃い色。

shioniro

紫苑色(しおんいろ)

青みのある薄い紫。
秋に淡紫色の花をつけるキク科の植物 シオンの花の色。
平安時代には秋の七草と同様に人気のあった小菊です。

「源氏物語」や「枕草子」でも色名が使われています。

konagi

小菜葱(こなぎ)

水葱(なぎ)の花色。
ミズアオイの古名。

hitohana

ひと花(ひとはな)

1回だけ花摺した、淡くはかない色。

nadeshikoiro

撫子色(なでしこいろ)

淡い紫がかったピンク色。
秋の七草にも数えられる撫子の花の色。

「なでしこ」は現代風に言うと「愛しい子」という意味になるそうです。

「古今和歌集」に愛しい女性を「大和撫子」に例えた和歌があり、
平安時代には表現として成立していたようですが、
頻繁に使われるようになったのは明治時代以降とされています。

kuchibairo

朽葉色(くちばいろ)

朽ちた落ち葉の色。
「朽葉四十八色」と言われるほどバリエーションが多い色です。

kareno

枯野(かれの)

枯草だけの冬の山野の色。

obanairo

尾花色(おばないろ)

薄(すすき)の花穂の色。
薄は地味ですが、日本人には身近な植物です。

「尾花」は「すすき」の古名で、
すすきの穂を、動物の尾に見立てて、
表現されたことが由来とされています。

yuzuhairo

柚葉色(ゆずはいろ)

柚子の葉のような色。

saitadumairo

左伊多津万色(さいたづまいろ)

サイタヅマとはタデ科のイタドリの古名。
古代の人には身近な植物でした。

このように移りゆく季節の花や植物にも「もののあはれ」を感じ、
そこから色名がたくさんとられています。

2記事にわたり、最も色彩豊かだったころの色名をご紹介しました。
色名のなかに、日本人の情緒豊かな細やかさを感じます。

気になる色はありましたでしょうか?
少しでも色名が身近な存在となりますように。

今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました