似合いにくい色はどう使う?〜オススメの2つのポイント〜

howtouse コラム
スポンサーリンク

こんにちは、カラープランナーの かわべ みえ です。

今日は似合いにくい色について。

パーソナルカラー診断を受けて、
・似合う色
・似合いにくい色
がわかると、

実は好きな色が似合いにくい色だった
みたいなことがあると思います。

私もそうでした(T_T)

ベージュが好きで、
ベージュばかり着てたけど、

実は自分を最もボンヤリ見せる色だった。。。
ちーん。
みたいな(´・ω・`)

でも、でも、でも!
似合いにくい色だって、好きなら着たらいいです。

私もベージュ、着てます(^_-)-☆

着たいなら着る。
それが精神衛生上、一番。

じゃあ、どうやって着る?

そんなときに意識してみてほしいことは、
次の2つ。

スポンサーリンク

顔から離れたところに取り入れる

王道な方法です。

ボトムスやバッグなど小物に使ってみてください。

素材と形を似合うものにする

視覚から得られる3つの情報
「色」・「素材」・「形」のうち、
2つを似合うものにする。

すると苦手な色であっても、
似合う要素がクッションとなってくれるので、
そこまで違和感を感じなくなります。

素材ってなかなかすごいんですよ。

柔らかい印象のもの、高級そうな印象のもの、
カッチリ厚みのある感じのもの、などなど、
同じ色でも、素材が異なると
印象がガラッと変わります。

たとえば、黒のレースと黒のレザーと黒のシルクでは
全く印象が違いませんか??

ね(^^)

以上がポイント2つなんですが、
似合いにくい色を、
あえてお顔の近くにもってきて使う、
というのもアリです。

元気に見せたくないとき、ね( *´艸`)

楽しみながら、色をうまく使いこなしちゃいましょ♪

タイトルとURLをコピーしました