和の色名 冬の色~永遠をあらわす色~

christmastree 和の色名
スポンサーリンク

こんにちは、カラープランナーの かわべ みえ です。

12月も中旬になると、寒さが増してきますね。
北国では雪も積もり始めるころでしょうか。

今日は雪の世界やクリスマスを連想させるような、
和の色名をご紹介していきますね。

スポンサーリンク

雪の世界

冬になると「白」をよく着る、
という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

冬を代表する色である「白」。
そこから連想される雪の世界。

白だけでなく、鈍い空の色もあわせて、
モノトーンの世界が広がります。

sessyoku

雪色(せっしょく)

雪の白は単純な白ではなく、灰色がかっていたり、
青みがかっていたり、純白よりもどこか冷たそうな印象です。

ginhakusyoku

銀白色(ぎんはくしょく)

銀色を帯びた白のこと。
白銀色、とも呼ばれます。

ginniro

銀色(ぎんいろ)

銀は見る角度で、いぶし銀のような深い灰色から
真っ白な「白銀(しろがね)」色にも見えますが、
色では、中くらいの明るさの灰色を表します。

ibushiginn

燻銀(いぶしぎん)

燻された銀の光沢をなくした色です。
くすんで渋みのある銀色。

日本人の寂を貴ぶ美意識が表れています。
一見地味でも、実際は力があったり、
魅力があったりするもののことを「燻銀」と言いますね。

ginkaisyoku

銀灰色(ぎんかいしょく)

銀色を帯びた灰色のこと。

usuzumiiro

薄墨色(うすずみいろ)

墨を薄めたような色のことで、鼠色、とも呼ばれます。

平安時代宮中では、反故紙を漉き直した薄いグレーの
再生紙を薄墨紙と言っていました。

不変のシンボル 緑

「永遠」を表すEVERGREEN。
クリスマスを表現する色の一つだと思います。

代表的なクリスマスカラーといえば赤と緑。

なんで赤と緑?なのかは、
キリスト教に由来しています。

聖なる木とされるヒイラギの葉の緑と、
赤い実からとったものでないかといわれています。

ヒイラギが聖なる木とされたのは、ヒイラギの棘が
イエスにかぶせられた茨(いばら)の冠を、
そして、赤い実がイエスの額の血を象徴しているから。

ヒイラギは一年中緑を絶やさない常緑樹(エバーグリーン)
エバーグリーンは永遠の命や神の永遠の愛、
春の訪れを意味しています。

そして。クリスマスに飾られるリースは、
終わりのない「円」で作られていて、
エバーグリーンと合わせて永遠の命を表しています。

クリスマスの本来の目的は、
イエスキリストの誕生を喜び祝うことです。

ただのイベントとしてではなく、異なる文化を知る機会として、
捉えられるといいですね。

tokiwairo1

tokiwairo2

常磐色(ときわいろ)

常緑樹があらわす「永遠」、「不老長寿」、「繁栄」の
シンボルの色として大切にされました。

冬になっても色褪せることのない、
松や杉などの葉のように変わることのない緑の美称です。

クリスマスに飾られるモミの木の緑も同じ意味で使われ、
とても神聖な色です。

senzaimidori

千歳緑(せんざいみどり)

ちとせみどり、とも呼ばれます。
「千歳」は長い年月を表す言葉で、
変わることのない緑をあらわしています。

suisyoku

翠色(すいしょく)

カワセミの羽色のような青緑です。

渓流の宝石と呼ばれるカワセミ。
「翡翠」はカワセミとも読み、雄を翡、雌を翠と言います。

カワセミの名前の由来は「青土(そに)」。
川に住む蝉が語源で、セミはソニが変化したものです。

昔は「ソニドリ」とも呼ばれました。

また、古代、緑と青が区別されていなかった時代、
「ソニドリ」が「ニドリ」→「みどり」に変化した、
という説もある、いにしえのロマンたっぷりの色です。

magamoiro

真鴨色(まがもいろ)

雄の真鴨の頭頂部から頬にかけて光る青緑の色です。

kujyakumidori

孔雀緑(くじゃくみどり)

孔雀石の粉末で染めた色で、とても高価な色でした。

roukaniro

琅杆色(ろうかんいろ)

琅杆(半透明の翡翠)のような半透明の青みがかった緑色です。

tamamushiiro

玉虫色(たまむしいろ)

玉虫の羽根の色は、光の当たる角度によって複雑な色に見えます。

youryokusyoku

葉緑色(ようりょくしょく)

葉と緑を重ね、緑みを強調した色です。

matubairo

松葉色(まつばいろ)

平安時代からの色名で、松の葉の色をあらわしています。
長寿と不変のシンボルです。

matubanezu

松葉鼠(まつばねず)

江戸時代に沢山うまれた緑がかった灰色の一つ。
その中でも、松葉鼠はかなり濃い渋い色でした。

今回は雪景色や永遠を連想させる色をご紹介しました。

冬景色がはじまるこの時期、乾燥もひどくなります。
風邪やインフルエンザなどに気をつけて、
お身体ご自愛くださいね。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました