和の色名~瑞々しい新緑のころ・緑系の色~

freshgreen 和の色名
スポンサーリンク

こんにちは、カラープランナーの かわべ みえ です。

新緑が瑞々しく美しい季節がやってきました。
薫風香る心地よい時期。
清々しさだけで幸福感がかなり上がる気がします。

そんな今日は緑系の和の色名のご紹介をしたいと思います。

スポンサーリンク

緑は古代、青と呼ばれた

いにしえの時代、色名として緑と青の区別はなく、
緑や寒色系の色は「あお」と呼ばれており、
言葉として使い分けられてはいませんでした。

青田、青葉など緑だけれど「青」と表現される言葉も
多くありますよね。

また、緑を染色で出すのはとても困難でした。
緑色のものを使っても緑には染まらない。

不思議ですが、タンニンが含まれるので、
そのまま植物で染めると、多くの植物染めが
茶色になってしまいます。

植物の葉がもつ葉緑素は弱い色素のため、
時間が経過すると茶色に変色し、水で流れてしまいます。

緑系の色を出すには、青系と黄色系の染料をかけあわせます。

hikonnnou

比金襖(ひこんのう)

比金とは金糸や細く切った金箔を使って織った
金襴(きんらん)の織物。

「襖」は青み、という意味があります。

aobudouiro

青葡萄色(あおぶどういろ)

黄緑に見える葡萄を「青」と表現しています。

天皇の普段着は緑色

枕草子では「青白姿」、源氏物語では「青色の袍衣」と
書かれている「青白橡」は天皇の平常のご袍の色でした。

別名「麹塵(きくじん)」とする説や
麹塵の方がやや明るい色、とする説など
いろいろありますが、「青」と言えば、
「青白橡」をさす言葉だったそうです。

「延喜式」の記録によると、紫根で青紫に染めだし、
そこに刈安の黄色を重ねて染められたようです。

暗い場所では茶色のような色にも見え、
明るい場所では緑に輝く不思議な色です。

aoshiroturubami

青白橡(あおしろつるばみ)

平安時代より使われていた天皇の日常用のご袍の色。
禁色ではありますが、時には臣下も着用できたという不思議な禁色。

kikujinn

麹塵(きくじん)

天皇が日常でお召しだったご袍の色。

古代中国王朝、周の時代にはすでに存在していた色で、
刈安草と紫草の染め色とされています。

yamabatoiro

山鳩色(やまばといろ)

麹塵ととても良く似た色で、こちらも天皇が日常で
お召しになっていたご袍の色です。

六位の蔵人にも着用が許された色とされています。
因みに六位の蔵人とは「毎日交代で天皇の膳の給仕や
宮中の雑事に奉仕する役職。
六位としては例外的に昇殿を許されたそうです。

緑にあふれる日本

日本は四季の移り変わりが美しく、
緑色の変化にもとても富んでいます。

その多様さは色名にもあらわれています。
新芽の色である若芽色や若葉色にはじまり、
少しずつの成長段階の色で若苗色、新緑色、濃緑色、
と緑のふかみが進んでいきます。

私たちの生活の中でも、この緑が美しい時期、
日々色の変化を感じられるのではないでしょうか?

そして、その緑は私たちの心の中を
豊かにしてくれるものだと思います。

wakameiro

若芽色(わかめいろ)

芽生えを強調した色名で、
植物の新芽のように淡く明るい緑色です。

wakanairo

若菜色(わかないろ)

春先の菜っ葉の色を示す爽やかな黄緑色です。
春先の山菜の色全体を指すとされる色ですが、
「若菜」は「春の七草」の別名であり、
春の七草に因ちなんだ色とも言われています。

wakabairo

若葉色(わかばいろ)

夏になる前の若葉の色をあらわし、柔らかな黄緑色です。

shinnryokuiro

新緑色(しんりょくいろ)

初夏の若葉の色をあらわしています。

souryokuiro

草緑色(そうりょくいろ)

草のような爽やかな緑。
常緑樹のような深い緑とは異なります。

sasairo

笹色(ささいろ)

本紅が乾くと玉虫色の緑に見え、
笹を連想させることからついた色名です。

本紅は高価で、濃く塗るほどに緑みを帯びました。
浮世絵の美人画で下唇が蒼色で描かれているのは、
この様を表現しているそうです。

oimidori

老緑(おいみどり)

老松の葉のような深い緑色を表しています。

「若」は明るいや鮮やかなことをあらわし、
それに対して、「老」はくすんだや暗いをあらわします。
主に緑系の色を形容する際に用いられます。

老緑は、明るい若葉の色である若緑(わかみどり)の対語。

nurehairo

濡葉色(ぬれはいろ)

雨に濡れた葉は表面の乱反射がなくなり、
一段と鮮やかな緑色に見えます。

色に深みが増し、みずみずしく輝くその様は
生命力に溢れています。

urahairo

裏葉色(うらはいろ)

木の葉や草の裏側の白っぽい色を表しています。
具体的には葛の木の葉から取られたと言われています。

欧米にも植物に由来する色名は多くありますが、
葉の裏側に着目した色名は例がありません。

繊細な感性をもつ日本人だからこそ
生みだせた色名の一つ、だと言えます。

和の色名

seijiiro

青磁色(せいじいろ)

柔らかい青みの緑です。
陶磁器の青磁の色を表現しています。

古くは「あをじ」と読んでいたそう。
「せいじ」と呼ばれるようになったのは、明治時代以降です。

平安時代に中国よりもたらされ、
美しさから「秘色(ひそく)」とも言われました。

中国の越州窯(えっしゅうよう)で焼かれた皇帝用の
青磁の中で最高級品とされるのが「秘色青磁(ひそくせいじ)」。

「秘」とは、一般人には禁止された、という意味です。

源氏物語・末摘花では、女房達が食事する器が
秘色の青磁で描かれていたり、宇津保物語にも
秘色の器でお酒を飲んでいる描写があります。

青磁の理想の色は、雨過天晴(青)。
雨上がりの澄んだ空の色です。

※雨過天晴(青)
《雨がやみ、空が晴れわたる意から》
悪かった状況や状態が、よいほうに向かうことのたとえ。
seihakuji

青白磁(せいはくじ)

青みの白磁の色です。
青白磁は11世紀の宋・元時代に
中国南部でさかんに焼造され、
江西省の景徳鎮窯のものが
最も優れているとされます。

iwarokusyou

岩緑青(いわろくしょう)

日本画で使われる緑色の顔料で、岩絵の具の一つの色。
孔雀石(マラカイト)を原料にしています。

seishitu

青漆(せいしつ)

藍蝋(あいろう)などを漆に加えた深い緑色です。

moegiiro2

萌葱色(もえぎいろ)

葱のような濃い緑色を表します。
萌黄と混同されやすいですが、
萌黄は黄緑色、萌葱は深緑です。

江戸時代の宝永年間に蚊帳の色で流行し、
雷除けの色として信じられていたとか。

歌舞伎の舞台に設けられている引き幕
「定式幕(じょうしきまく)」は
萌葱色、団十郎茶(柿色)、黒の
3色で構成されています。

chigusairo

千種色(ちぐさいろ)

千種とは、「いろいろな」という意味。
種々の草という意味で、特定の植物ではなく、
浅葱色などの古くなったものを藍染めで
染め直したものを指しています。

江戸時代、丁稚(でっち)の股引(ももひき)やお仕着せ、
庶民の日常着などに用いられました。

maccyairo

抹茶色(まっちゃいろ)

抹茶のような、ややくすんだやわらかい黄緑です。

senncyairo

煎茶色(せんちゃいろ)

煎茶の色が緑系になったのは江戸時代後期です。
それまでは茶色系でした。

コチラでは茶色系の煎茶色を紹介しています。

ryokucyairo

緑茶色(りょくちゃいろ)

緑茶の深い緑色をあらわします。
色みの幅は広いです。

ここまでが緑系の和の色名の紹介でした。
長くなってしまいましたが、最後までお読みくださり、
ありがとうございました。

薫風香るこの季節、コロナの影響でなかなか外にも出にくい環境ですが、
外に出られた時や窓から緑の変化を感じていただけたらなと思います。

次回は青系の和の色名をご紹介する予定です。

タイトルとURLをコピーしました