和の色名~赤でも紫でもない色~

peach 和の色名
スポンサーリンク

こんにちは、カラープランナーの かわべ みえ です。

寒さは厳しいですが、
日差しが日ごとに春らしくなっているように感じます。

早く暖かくなるといいな。

さて、今日は前回の続き、のようで、
続きでないような記事です。

和の色名のご紹介、赤系の色の後半をお届します。

スポンサーリンク

華やかさをあらわす色

紅は華やかさと気品を兼ね備えた高貴な色。
赤とも紫とも異なる、特別な存在です。

紅についてはコチラもよければご覧ください。
→ 和の色名~黎明の時の色~

王侯貴族の紅花染の愛好が最高潮となった
平安時代からの色名です。

貞観(じょうがん)時代、紅花染は
大変人気で、当時は紅花染は大変高価で、
濃染めは禁制にされていました。

一時は、禁色になった時期もあり、
それが紅の存在をさらに特別なものとしました。

また、「紅」という字を「べに」と
読むようになったのは、
江戸時代からと言われています。

それ以前は、「紅(くれない)」、
「呉藍(くれない)」、「唐呉藍(からくれない)」
と呼ばれていたようです。

中国からやってきた舶来の名前。

当時、「藍」は染料全般を指す言葉だったようで、
「呉藍」とは、呉の国からきた染料、という意味でした。

また、江戸時代に入っても、「片紅一両は金一両」と、
金の2倍と言われるほどの高価な贅沢品として、
何度も禁止令が出され、本紅に対して、蘇芳(すおう)で
染めた甚三紅(じんざもみ)、似紅(にせべに)が
出回りました。

甚三紅(じんざもみ)、似紅(にせべに)については
コチラに詳しく書いています。

beni1

beni3

beni2

紅(べに/くれない)

紅染の中でも、黄みを含まない純粋な色。
染めの回数などで色が異なります。

beni4

紅(べに)

江戸時代の色で、鬱金に紅色を上掛けした紅色です。
黄みを帯びた紅が一般化していきました。

karaaiiro

韓藍色(からあいいろ)

舶来の藍色の意味。
唐の美しい藍色、「唐藍色」という説もあります。

sekikou

積紅(せきこう)

中国・明の時代の磁器の浅い紅色です。

kurenainoyashio

紅の八塩(くれないのやしお)

奈良時代の紅花染の濃染。
八塩とは、何回も紅花の染液に浸す、という意味。

濃い紅染めは、平安貴族たちの
憧れの色だったそうです。

余談ですが、「喜びも一入(ひとしお(ほ))」という言葉が
ありますが、あの一入は、染め物を染め液の中に1回つける、
という意味です。

2回目入れる時は、再入(ふたしお(ほ))らしいです。
「~再入(ふたしほ)の紅よりもなほ深し」という言葉が
軍記物語の「太平記」にもあります。

shichiryouzome

七両染(しちりょうぞめ)

茜だけで染めた色です。
緋色や真緋はこの浅緋を指します。

ikkonnzome

一斤染(いっこんぞめ)

平安時代、濃い紅花染めは禁色でしたが、
「この色より薄い紅花染めなら使っていい」
という基準になった色。

imayouiro

今様色(いまよういろ)

「今、流行っている色」という意味で、
今とは平安時代のことを指しています。

taikousyoku1

taikousyoku2

帯紅色(たいこうしょく)

淡い紅色から渋い紅色まで、紅色を帯びた色を指します。
平安時代には雑役用の色として、「退紅(たいこう)」
という名前がありました。

ankousyoku

殷紅色(あんこうしょく)

蘇芳色よりも暗い紅色のこと。
別名、暗紅色とも呼ばれ、
「殷」は暗い(黒が多く入った)紅色を指します。

beninezu

紅鼠(べにねず)

江戸時代からの色名で、
落ち着いた色で、優しい色です。

beniaka

紅赤(べにあか)

江戸時代、紅色は憧れの色でしたが、
高価で庶民の手には届かなかったため、
代用の色として使われました。

2回にわたって赤系の和の色名をご紹介しました。
読みにくい色名もわりとありましたね。

紅、という色への憧れ、
今の時代ではピンときませんが、
当時の人は相当お洒落だし、

出世に対しても今の人とかわらない、
いや、それ以上の意欲を感じられて
とても興味深いなと感じました。

1000年経っても人はあまり変わりませんね。

次回は黄色系をご紹介する予定です。
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました