五色幕の色の意味

ajisai 色彩
スポンサーリンク

こんにちは、カラープランナーの かわべ みえ です。

アメブロで何年か前に書いた記事なのですが、
ずっとたくさんの方に読んでいただけていて、
興味を持ってくださる方がいらっしゃるんだ!と
嬉しく思い、加筆・追記しました。

スポンサーリンク

寺院で見かける幕

「寺院でかかっている幕の色に意味はあるのでしょうか?」
とご質問をいただきました。

こんな布、です。

goshikimaku

「五色幕(ごしきまく)」というそうです。

五色はお釈迦さまの御体や御教えを表す色、
とされています。

基本的に青、黄、赤、白、黒の五色です。
青を「緑」で表す場合や、黒を「紫」で表す場合もあります。

これについては、古代「緑」は「青」であらわされていたこと、
明治以降入ってきた西洋思想で「黒」が不吉とされたので、
高貴な色であり、古代、赤と黒を混ぜたものと考えたれた「紫」が
使われたのではないか、と考えます。

※黒は元々の日本や東洋思想では、聖なる色です。
西洋思想の影響により、「黒」がお弔いで使われるようになりましたが、
それ以前、お弔いは「白」でした。

白装束など、故人も送る側も白だったのです。
神聖な色としての「白」です。

色があらわす意味

青(緑)
仏陀の頭髪の色。
心乱れず穏やかな状態の「禅定(ぜんじょう)」や「定根(じょうこん)」を表す。


仏陀の血液の色。
人々を救済しようとする慈悲心が止やむことのない 「精進(しょうじん)」を表す。


仏陀の身体の色。
豊かな姿で確固とした揺るぎない「金剛(こんごう)」を表す。


仏陀の歯の色。
さまざまな悪業や煩悩を浄める「清浄(しょうじょう)」を表す。

黒(紫)
仏陀の袈裟の色。
侮辱や迫害に怒りを抑えて耐え忍ぶ「忍辱(にんにく)」を表す。

成田山さまのHPより参照

五色の由来

五色は、インドの五大(地・水・火・風・空)の思想や
中国の五行(木・火・土・金・水)の思想に由来しています。

五気  五色   五方   五臓
木   青    東    肝
火   赤    南    心
土   黄   中央   脾
金   白    西    肺
水   黒    北    腎

などに対応しています。

ちなみに、中国の皇帝や日本の天皇などトップだけが
着ることが許された禁色が黄色系なのは、
「中央」があらわす色が黄色だからです。

キリスト教では「黄色」は裏切り者のユダをあらわします。
宗教や地方によって色があらわすものの違い、というものも
興味深いですね。

「この色にはどんな意味があるんだろう?」など
ご質問ございましたら、ぜひお知らせくださいね。

最後までお読みくださり、
ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました