ネイルカラーにもパーソナルカラー?!

nail コラム
スポンサーリンク

こんばんは、カラープランナーの かわべ です。

ネイルカラー、楽しまれている方も多いと思います。
夏はフットも綺麗にされている方を多く目にしますよね。

サンダルを履くたびに、
しまった、今日も忘れてた(´・ω・`)
と、思うことが多い私です。

プロのネイリストさんにしてもそうですが、
最近はセルフネイルも皆さんの技術がすごいなと思います。

爪先が綺麗だと、なんとなく、
所作も美しくなるような気がしませんか?
なんとも不思議です。

今回のテーマは「ネイルカラー」です。

スポンサーリンク

ネイルカラーとパーソナルカラー

ネイルカラーとパーソナルカラーって、関係あるの?
と思われる方も、いらっしゃるかもしれません。

パーソナルカラーではよく聞くフレーズ、
「似合いにくい色はお顔から離して使うといいですよ」
と聞いたことがある方もいらっしゃると思います。

とすると。。。(^_-)-☆

手は顔から離れてるし、何色でもいいんじゃないの?
と思っちゃいますよね。

うん、思う( *´艸`)

でもね、ネイルカラーも指ではありますが、
肌の上に直接のせるので、
「色」の影響はかなり大きい、のです。

それならば、似合う色の方が
やはり馴染みやすい、と思いませんか?

マニキュア似合う色のネイルカラーは、
肌が綺麗に、指がさらに美しく見える

マニキュア似合いにくい色のネイルカラーは、
肌がくすんで、手が老けてみえてしまったり、
ネイルの色だけが目立ってしまって、
手が美しく見えない可能性があります。

ね(^_-)-☆

なので、ネイルカラーでも、
パーソナルカラーの出番なのです。

手って、年齢が出やすく、そして、
目につきやすい部位だと思います。

そう、ここが綺麗に見えると、
相手に与える印象もまた変わりますよね。

綺麗に整えられたネイルカラーが
目に入るだけでも、気持ちが上がる⤴

なんてこともありますよね。

ここでは、色彩心理効果も表れます。

たとえば、メイクカラーは自分では、
鏡を見ないと見えないけど、
ネイルカラーはいつも目に入りますよね。

見る回数が多いと、
それだけ影響も大きいです。

ネイルカラーを選ぶポイント

ネイルカラーを選ぶときは、
・あなたの肌色に自然になじんでいるか
・肌色が暗く、節くれだって見えないか
・肌色がくすんだり、赤みがかったりしていないか
・手のしわが目立ってないか
・ネイルの色だけが浮いていないか

をチェックしてみてくださいね。

お似合いの色でネイルカラーも楽しんでみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました