【パーソナルカラー診断について】~4シーズン分類・スプリング~

スプリング パーソナルカラー
スポンサーリンク

こんにちは、カラープランナーの かわべ みえ です。

以前の記事でパーソナルカラー診断について書いていますが、
最もポピュラーな診断方法である4シーズン分類の各グループについて、
どんな特徴があるのかな?と思われる方もいらっしゃると思います。

そこで各シーズンごとの詳しい説明をしていきたいと思います。

今日は「スプリング」についてです。
活発で可愛らしい印象の方が多く、
若々しい雰囲気をもっているスプリングさん。

どんなカラーグループの特徴があるのかさっそく見ていきましょう。

★パーソナルカラー診断ってなんだ?と思われた方には
これらの記事を先に読んでいただけるとよりわかっていただきやすいと思います。

・パーソナルカラー診断については詳しくはコチラ

・4シーズン分類について詳しくはコチラ

スポンサーリンク

スプリングの特徴

・イエローベース
・明るい
・濁っていない

暖かみのあるイエローベースの色で、明るくクリアな、
はっきりした色のカラーグループ。

全体的に黄みがかった色が多いです。

例えばどんな色?

・スカーレット

スカーレット

・カナリー

カナリー

・ターコイズブルー

ターコイズブルー

・エメラルドグリーン

エメラルドグリーン

スプリングタイプのイメージワードは?

よく「お花畑のような色」と表現されたり、
「元気なビタミンカラー」が多いと言われるスプリングタイプ。

そんな色を言葉で表現するなら、

・楽しい ・陽気な ・元気な
・可愛い ・ポップな ・活発な
・フレッシュな ・明るい ・カジュアルな

などがあてはまります。

スプリングさんの色素傾向

こんな肌や髪の方が似合いやすい方が多いです。
※一例です。全ての人があてはまるわけではありません。

・肌 
 黄みを帯びたくすみのない明るい肌色
 ツヤと透明感あり
血色よく、バラ色の頬
日焼けすると赤くなり、黒くなりにくい

・髪 
 明るいブラウン系
細くサラサラした髪
艶やかな質感

・瞳 
 虹彩が明るめで瞳孔が見えやすい
白目と黒目のコントラストがわりとはっきりしている

スプリングさんが色を選ぶポイント

このカラーグループに得意な色が多い方が、
色を選ぶときに注意したいポイントは、

・くすんでいないか?
・青みが強すぎないか?

このカラーグループに得意な色が多い方には、
青みの強い色は顔色が青白く血色が引いたように見えてしまいます。

また、寂しそうに見えたり、元気がない印象を与えてしまったり、
暗い色や重たい色は、顔色が暗く、影がでやすくなる可能性があります。

お仕事だからといって、暗い色でまとめてしまうのはおすすめしません。
ベーシックカラーにフレッシュな色を加えて、きちんと感の中にも、
親しみやすさを感じる色使いをしてみてください。
明るく華やかな色が引き立つ1点主役のコーディネートがおすすめです。

他のシーズンの色をあわせるとどうなる?

スプリングさんが他のシーズンの色をお顔の近くにもってくると
どのように見えるのか?一つずつみていきたいと思います。

・オータムタイプ(イエベ秋)
同じイエローベースなので、違いがわかりにくいかもしれません。
オータムタイプのカラーの特徴は「暗めのくすみ」カラーです。

スプリングさんが合わせてみると、全体的に顔が暗くなり、
元気のないぼんやりとした印象になってしまいます。

・サマータイプ(ブルベ夏)
サマータイプのカラーを合わせてみると、そばかすやシミが目立ち、
血の気が引いたように顔色が悪く見えてしまう可能性があります。

ただ、薄い明るい色で青みが少ないものだと、似合うものもあります。
「明るい」という共通点があるため、癖のない色だと似合う色があります。

・ウィンタータイプ(ブルベ冬)
ここも迷いやすいと思います。
ブルーベースであるウィンタータイプのカラーでも、
青みをあまり感じない色だと似合う可能性が高いです。

なぜなら濁ってない色だから。
スプリングさんとウインターさんは「濁っていない色」が得意という
共通点があります。

ただ、青みが強くなると濁っていなくても、色が主張してしまい、
色だけが浮いて見えてしまいます。

今日はスプリングタイプについて詳しく書いてきました。
カラーグループの全ての色が似合うのか、と言うとそうでもないのです。
同じスプリングタイプでも「似合う色」、「似合わない色」があります。

あなたも似合う色を知って、
色で心豊かになってみませんか?

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました