クローゼットの中はいつも似たような同じ色ばかり

samecolorinthecloset コラム
スポンサーリンク

こんにちは、カラープランナーの かわべ みえ です。

洋服であふれかえるクローゼット。
なのに着てる服はだいたい同じものばかり。

そんなお悩みの方に読んでほしいと思っています。

スポンサーリンク

クローゼットの中に並ぶ色

この服いいな♪
と、季節が変わるごとに、
新しい服が欲しくなる方もいらっしゃるかと思います。

普段はそこまで思わないのに、
いいな♪と思う服が一時にまとまってあらわれり・・・
そんな方もいらっしゃると思います。

そして、診断に来られるお客さまがお話くださるお悩みが、
「クローゼットの中のお洋服がどれも似た色」、です。

ありがちなお悩みで、
黒・グレー・ベージュ・・・このあたりが一大勢力。

そして、わりと多くのお客様が、
色ものを着てみたいけれど、どこか抵抗がある、
とおっしゃいます。

わかります。
とてもわかります。

私も黒ばかり着ていた時と
ベージュしか着なかった過去の日々があります。
黒は似合う色だからまだしも、ベージュ・・・って今なら思います。

最も印象に残るのは

眼から入る情報 色・形・素材のなかで、
人の記憶に最も残りやすいのは「」です。

なので、いつも同じ色ばかりを着ていると、
デザインが違っていても、同じ印象になってしまいます。

ファッションにおいては、流行やデザインも大事ですが、
色ってとても重要です。

色もバランスよく

そして、色は光の波長の一部。
同じ色を着る=同じ波長の影響ばかり受ける
ことになります。

身体には虹の七色が必要です。

食べるものもバランスよく食べないと、
いくら栄養価の高いものでも、
そればかり食べると弊害がありますよね。

色も同じです。

たくさんの色を使うと健康的に長生きできる、という
研究データもあるほどです。

余談ですが、画家は長生きの方が多いんですって。
なんだか説得力ありますよね。

自分に似合う色を知りたい人は、
パーソナルカラー診断を受けるといいですよ。

自分が素敵に見える服を着て、
気分よく自分らしく過ごしませんか?

タイトルとURLをコピーしました