和の色名 春の色~如月・梅の季節~

osaka castle 和の色名
スポンサーリンク

こんにちは、カラープランナーの かわべ みえ です。

2月も中旬となりました。
あっという間に時間が過ぎ去ります。
2月は「逃げる」とも言うように、本当に早いです。

今日は季節の和の色名をご紹介していきたいと思います。

plum

スポンサーリンク

春の隣 如月

旧暦の2月は「如月(きさらぎ)」。

暦では春だけれども、まだまだ寒い時期ですよね。
言葉の元になっているのは次のような諸説あるらしいです。

着物を重ねる「着更着」
気候がだんだんと暖かくなってくる「気更来」
草木がゆっくりと芽吹いてくる「生更木」

どの言葉も美しく、日本人の豊かな感性に惚れ惚れします。
皆さんはどの言葉がお好きですか?

春はいつから?

まだまだ寒いとは言え、暦の上で春のスタートは「立春」
春のはじまりであり、旧暦の新年のはじまりでもあります。

実際は寒いので、名前だけの「春」の感がありますが、
梅の花が開花したり、花々の蕾がふくらんだりと春はすぐそこ。

この時期をうまく表現した季語に「春隣(はるとなり)」があります。
少しづつ近づいている春の足音を感じる表現ですね。

春告草 梅の花

2月に入ると咲き始めるのが梅の花。
小さな可憐な花。
香りも素晴らしいですよね。

梅は奈良時代に中国から日本にはいってきましたが、
一般的になったのは平安時代からといわれています。

「春告草」という別名があるように、
長く厳しい冬の終わりを告げる花として愛されていました。

朝食べる梅干しは「その日の難逃れ」と言われ、
クエン酸効果で疲労回復したり、目覚めがよくなります。

私たちの生活に食べ物としても染料としても
なくてはならない存在であり、
豊かに暮らしを彩ってくれる植物です。

余談ですが、
紅梅殿と呼ばれていた学問の神様 菅原道真は
京都から九州に旅立つ前日、
自宅の梅の木の前で歌を詠んでいます。

東風吹かば
匂ひおこせよ 梅の花
主なしとて 春な忘れそ

この梅は道真を追って一晩で大宰府に飛んでいき(飛梅伝説)、
根を下ろし、今も春になると花を咲かせるそうです。

道真の命日は2月25日。
北野天満宮では梅花祭(ばいかさい)が行われます。

梅花祭なのですが、この日神職が冠につけるのは「菜の花」。
菜種が「なだめる」に通じるところから
「菜種御供(なたねのごく)」と言われます。

梅も菜の花もどちらも春を彩るお花ですが、
言われがちょっと面白いですね。

 

季節を感じる和の色名

 

plum2

和の色名は美しいものが多いです。
できれば季節に沿った色名をご紹介していこうと思っています。

では、順番にご紹介していきます。

shiraumeiro

白梅色(しらうめいろ)
ほんのりと赤みを帯びた白梅の花の色。

umenezu

梅鼠(うめねず)
梅の花を思わせる赤みがかった灰色。
古来、梅の産地だった豊後(大分県)では
「豊後鼠(ぶんごねず)」とも呼ばれます。

usuumenezu

薄梅鼠(うすうめねず)
梅鼠より明るい灰色。

shiraumenezu

白梅鼠(しらうめねず)
白梅を思わせる微かに赤みがかった淡い灰色。

umemurasaki

梅紫(うめむらさき)
明治時代に生まれた比較的新しい色名です。
「正倉院文書」に記されている
「滅紅(めっこう)」という色と同色といわれています。

koubaiiro

紅梅色(こうばいいろ)
紅梅のような色。
平安時代には高貴な身分の女性たちの表着(うわぎ)の色として
人気が高い色でした。

紅梅色には染めの濃さにより
・濃紅梅(こきこうばい)
・中紅梅(なかこうばい)
・淡紅梅(うすこうばい)
とバリエーションがたくさんあります。

tsubomikoubai

莟紅梅(つぼみこうばい)
花の色よりもひときわ濃く鮮やかな色みです。

usukoubai

薄紅梅(うすこうばい)
紅梅色の薄い色。
淡い染色のものです。

umegasane

梅重(うめがさね)
紅梅が重なって、より濃く鮮やかに見える色み。

hitoeume

一重梅(ひとえうめ)
明るい紅梅色で、薄紅梅より少し濃い色み。

umezome

梅染(うめぞめ)
梅の樹皮や根を煎じた汁や渋(しぶ)で染められた色。
浅く染めたものを「赤梅(あかうめ)」、
濃く染めたものを「黒梅(くろうめ)」と呼びました。

akaume

赤梅(あかうめ)
梅染で浅く染めた色み。

たくさんの「梅」とついた色名をご紹介してみました。
いかがでしたでしょうか?

和の色名には本当に美しいものが多いです。
皆さんの暮らしの中で使っていただけるものがあると嬉しく思います。

最後までお読みくださりありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました