討ち入りの日~赤穂の由来~ 

tade コラム
スポンサーリンク

こんにちは、カラープランナーの かわべ みえ です。

朝からとっても冷える一日ですね。
一気に「冬本番」という感じがします。

今日は12月14日、赤穂浪士の討ち入りの日。
(旧暦の12月14日なので、今だと1月30日とのことです。)

お蕎麦、召し上がりましたか?

スポンサーリンク

赤穂事件(あこうじけん)とは?

江戸時代 元禄15年12月14日(1703年1月30日)に起きた討ち入り事件。

この事件は前年、元禄14年3月14日(1701年4月21日)に
赤穂藩主 浅野内匠頭長矩(あさのたくみのかみながのり)が、
江戸城内 松之大廊下で高家(こうけ)
吉良上野介義央(きらこうずけのすけよしひさ)に
斬りかかった事に端を発します。

浅野は、第五代将軍 徳川綱吉から即日切腹を命じられ、
浅野家は所領の播州赤穂を没収の上、改易(かいえき)されました。

これに対し、お咎めなしの吉良。

不服とする赤穂藩の旧藩士(赤穂浪士)たちは、藩主の無念を晴らすため、
赤穂藩取り潰しの撤回運動を起こすも、なかなかうまくいかず、
主君の仇討ちとして吉良を討ち取ることを決めました。

大石内蔵助ら47名の藩士は、浅野の命日である
12月14日未明に吉良邸へ討入り。

吉良の首をとり、一行は、浅野家の菩提寺である泉岳寺に向かい、
亡き主君の墓前に吉良の首を供えました。

行方がわからなくなった一人を除いた46人は、
吉良邸討ち入りを幕府に報告し、幕府の指示に従い、全員切腹。

これが、のちに「忠臣蔵」として語り継がれることととなります。

有名なお話なので、ご存知の方も多いと思います。
で、色彩を生業としている私は、「赤穂」の地名の由来を調べてみました。
そう、ここからが本題です。(と言っても、めっちゃ短いですけど)

赤穂の由来

享保12年(1727年)の「播州赤穂郡志」によると、
このあたり一帯の水辺に多く見られた、
赤色の蓼(たで)の穂に由来しているそう。

また、「和名類聚抄(わみょうるいじゅうしょう)」
(930年代に成立した、日本最初の百科事典のようなもの)の
「播磨国郡郷考」には、赤穂一帯を「阿加保(あかほ)」と記してあり、
赤穂が「あかほ」と呼ばれていたことがわかります。

記事最初にある画像が蓼です。

「蓼食う虫も好き好き」という言葉としてしか、知らず、
検索してみて、とっても綺麗なことに驚きました。

訪れたことがないので、現在がどんな感じなのかは
わからないのですが、少し名残が残っているのかな?
と、いつか行けたら見てみたい気がしました。

タイトルとURLをコピーしました